BASIC×BASIC(4)パーマとそぎ

〔そぎ〕がカットの定番になって、パーマデザインにも影響が出てきました。パーマの前の〔そぎ〕と、パーマ後の〔そぎ〕では、目的も、程度も入れるポイントも違っています。 パーマ前のカットでフォルムをコントロールしコンディションを整え、パーマ後の質感を確認しながら、ドライで軽さや動きを加えるのです。パーマとリンクした〔そぎ〕の使いこなしをマスターしましょう。


BASIC×BASIC(4)パーマとそぎ
小松敦(HEAVENS)著
B4変型版・98ページ・リング製本
定価4,320円(本体4,000円)
2001年4月発行
BASIC×BASIC (4) パーマとそぎ 表紙

注文する




●ベースカットはすべてツーセクション
レイヤーオンレイヤ−、セイムレイヤー、レイヤーオングラデーション、ロングレイヤー。代表的な4つのベースカットを、詳細なテクニックで。すべてシンプルなツーセクション+均一なセニングで展開しています。


●パーマ後の〔そぎ〕でこんなに動きが
パーマ後の〔そぎ〕は、セニング+ストローク+スライドを駆使して、パーマの質感を最大限生かしながら、隙間を作り、毛先を動かし、シルエットとバランス、表情をつくります。


●ひとりでがんばる〔あなた〕のために

4台のウイッグで20のスタイルをマスターできますが、この長丁場をのりきるために、ところどころ、著者小松敦さんのクールでやさしいまなざしがのぞきます。楽しく前へ進んでいくためのコツも語っています。



プロローグ
パーマ前の〔そぎ〕×パーマ後の〔そぎ〕
道具と機能 技術の進化=機能の進化
ツーセクション〔カットは目でする〕
パーマのためのベースカット一覧
A/ベースカット・レイヤーオンレイヤ−〔つなげないツーセクション〕
A−1/毛先から巻き込んでしっかりウエーブを作る
基本のアフターカット
A−2/逆巻きを組み合わせて外ハネをつくる
A−3/根元を浮かしてボリューム調整
A−4/根元をつめてきっちりスパイラルウエーブ
ロッドオン
そぎの程度を比較する
B/ベースカット・セイムレイヤー〔つなげるツーセクション〕
B−1/毛先を入れてしっかりカールをつくる
B−2/毛先を逃がすオールピンでフラットウエーブ
B−3/ピンとロッドでミックスウエーブを作る
B−4/毛先をはずす、流す、巻き込むを組み合わせる
ロッドオン
質感に応じてそぎを使い分ける
C
C−1 C−2 C−3 C−4 巻く、巻かないを組み合わせて比較する
量感に応じてそぎの程度を変えてみる
D/ロングレイヤー〔つなげるツーセクション〕
D−1/ロングとビッグでつくるやわらかいウエーブ
D−2/オールスパイラルでリッジを強調するウエーブ
D−3/バイアススライスで量感を生かしたサイドパート
D−4/レギュラー+ビッグでやわらかいサイドパート
ロッドオン
ボリュームをキープしながらそぐ
INDEX





ページトップへ