「シンプルというモダンの本質をどれだけ豊かに見せるか…」というコンセプトで、デザインの基本としての〔緊張感〕と、洗練の本質である〔シェイプアップ〕をテーマにカットテクニックとデザインを展開しています。


Modern Contemporery Technique
川島文夫著
A4変型・112ページ・上製本
定価5,940円(本体5,500円)
1999年5月発行


注文する




●ポイントをわかりやすくした詳細テクニック
川島流〔シンプル イズ ベスト〕のヘアスタイルを、ステップバイステップで詳細に追っています。特に注意したい点や、デザインのポイントになっている部分は大きく扱って目を引く展開です。


●持続する志
毎日やっていくことの中に明日へのヒントがたくさんあります。やりつづける中から違う力が出てくると思います。自分がやりたいからやる、というだけでなく、社会に必要とされているからやりたいのだと思います…川島哲学で、心にも充電を!


●初歩の技術がハイファッションを生む〔たくらみのライン〕
川島文夫が自身のヘアスタイルを解説する方法で独自のデザイン論を語ります。(1)ライン、(2)タッチあるいはテクスチャー、(3)インパクトの3章で分かれており、あらゆるデザインの基本であるLINE〔写真参照〕から。



キーワード

前書き

THE BEST HAIR SELECTION

洗練のための絶対のコツ〔シェイプアップ〕

カットテクニック
(1) アンダーカットでつくるボブ
(2) アンダーカットでつくるミディアム
(3) アンダーカットでつくるショートボブ
(4) アンダーカットのあるジオメトリック





ページトップへ