753 Up Styling

アップに関心はあるのだけれど「むずかしそう」「カットがまだできないのに…」と、先送りしている人はいませんか? 「やってみたい」と思ったときがはじめどき。迷っていては、時間がもったいないから。カットもアップも髪に触れ、髪になじみ、髪を動かすことではまったく一緒。アップをやることで、カットの上達も早くなるという関係なのです。まず眺める、解説を読む、見よう見まねで手を動かす。さあ、今すぐはじめてください。


プロモーションページを見る
BASIC UP
谷口愛子著
A4変型判・オールカラー・リング製本・104ページ
定価4,104円(本体3,800円)
2005年9月発行
basic up 表紙

注文する




○ いつでももどれるベース基地
アップに必要な基本のすべて。一通り練習して、完璧にならなくても次のステップへ進みましょう。実際のスタイルに取り組んでみて、わからなくなったら、またここへもどってきて練習しましょう。


○ ステップバイステップで練習開始
おもに面で構成するスタイルから練習を始めます。ここにはアップの大切な要素がいっぱい。手を動かし、髪を動かして、くりかえし、くりかえしまねをすることで面、高さ、奥行きを理解できます。


○ しっかりつくって、自由に崩して

ふくらみのやわらかさ、ウエーブのはなやかさ。広げて散らして、アップの醍醐味を存分に味わいましょう。大きくつくることを習得したら、小さくつくることはたやすく感じられるはずです。



1 WARMING UP 準備運動
・ ブラシワークの基本
・ コームワークの基本
・ 逆毛の立て方
・ 逆毛の落とし方
・ すき毛の作り方
・ 三つ編みの基本
・ シニヨンの基本
・ ホットカーラー
・ ピンワークの基本
・ 骨格のポイント
・ 一束に結ぶ
・ 三つ編みの土台
・ ベースの夜会

2 STEP UP 練習問題
・ 定番ポンパドール
・ やわらかいうねり
・ 上昇するライン
・ より高いうねり
・ フォルムをゆるめる
・ 表面を散らす


3 BRUSH UP 応用問題
・ 高さのある奥行き
・ 低めの奥行き
・ ロールをひねって
・ シニヨンを広げる
・ ひねって引き出す
・ 上昇するウエーブ
・ 広がるウエーブ





ページトップへ