Up Styling 2

「Up Styling」で紹介したボトムに対して、トップの表情づくりの基本となるシニヨンを中心に、デザインと技術を紹介。基本のシニヨンがマスターできたら、応用編では、部分ごとにデザインを整理、分類。パーツを組み合わせるように、自由なデザイン発想を提案しています。髪の毛を自由に操る技術を身につければ長さや毛量は気にならなくなるのです。


アップスタイリング 2
新井唯夫(FÉERIE)著
A4変型・168ページ・上製本
定価6,696円(本体6,200円)
2001年9月発行
Up Styling 2 表紙

注文する




●上級者向きの〔ベーシック〕の再点検+スキルアップ
ベーシックとは初心者のものと思われがちですが、たとえば逆毛ひとつとっても、コームの密度で微妙にコントロールできるのです。巻末に再点検の要素をまとめました。


●毛先が遊ぶルーズカールも自在に
アップ上達の近道は練習です。本書に沿って練習を繰り返してみましょう。こんなルーズな質感のシニヨンだって、バランス良く、センスアップすることが可能です。


●特別な日のために
いつも来店されているお客様の特別な装いの日に、お客様のためだけにデザインしたアップを提案しませんか。部位ごとにデザインを分類しているので、組み合わせ次第で発想が広がります。


SPEED DESIGN(ヘアイラストレーション)

・Color Image1〔美容という芸術〕(photo&message)
Advance Technique&Chignon(ウイッグ)
ワンポイント・トップ・シニヨン、ツーポイント・トップ・シニヨン、ワンポイント・ネープ・シニヨンを始めとする面構成から、ロール、ポンパドール、ルーズカール、ウエーブとの組み合わせまで、あらゆるデザインとテクニックをウイッグで展開。全35種を網羅。

・Color Image2〔デザインを創造する上で〕(photo&message)
Advance Technique&Chignon(モデル)
ウイッグで展開したデザインとテクニックを要素にして、実際のモデルで、衣装に合わせたデザインとテクニックを28種紹介。ウイッグで練習したアイテムとパーツを組み合わせることにより、応用バリエーションの幅が広く、似合わせのポイントもよくわかる。

・Color Image3〔ヘアデザインは心の表現だ〕
・Color Image4〔幸せを創るスタイリング〕
・Color Image5〔人間の成長がデザインを成長させる〕
・Color Image6〔豊かな心からはその心が見られている〕
・Color Image7〔人生に携わる美容師〕
・Color Image8〔万物を意識して理のあるデザインを創る〕
(photo&message デザインとテクニック展開の合間に挿入)

いろいろなテクやアイテム
面を整えたり、逆毛を立てたり、スタイル作りに重要なポイントに関して、応用の際に役に立つヒントをアドバイス。用具や用語についても紹介している。
・Color Image9〔瞬間に感じるDESINE〕

あとがき〔魂を揺さぶるBEAUTY〕
profile





ページトップへ