ウエイト位置が上にある方が断然若々しく見える。

あごまでのワンレングスボブ。そのままだとウエイトが一番下にあるので、見る側の視線が下がってしまう。
右のようにウエイトを上げると。それにつれて視線も上がり、顔の輪郭や頬も上がって若々しく見える。




肩につく長さも、視線を下げないで。

すそが広がって肩に落ちると、見る側の視線はそのまま下がってしまう。
グラをつけてウエイト位置を上げれば、髪のボリューム感もアップ。



ウエイトを上げると横顔もすっきり。

40代になると首から肩、背中につながるラインが丸くなりがちだが、後頭部のウエイト位置を上げるとすっときれいに見える。





大人の女性向け <縦スライスボブ> <横スライスボブ> <サイドグラデーション> <ショートグラデーション> <肩下レングス> <耳上ショート> 計18スタイルの切り方を完全収録。ウエイト位置をしっかり設定するベースカットと、なめらかなフォルムに仕上げる方法が身につきます。















「大人髪のカット」ムービー

若々しい好みを持ちながらも、髪や肌に元気がなくなってきた現代の40代・50代をどう魅力的にするか。imaii有村雅弘さんのインタビューが聞けます!