美容師になるには



美容師になるためには、国家試験を受け、合格しなければいけません。

美容師国家試験の受験資格は、厚生労働大臣が指定する
美容師養成施設を卒業または卒業見込みでなければなりません。

美容師になりたいと思ったら、まず美容師養成施設を選びます。
美容師養成施設には昼間課程・夜間課程・通信課程の3種類があります。


全国の美容師養成施設のリンク

厚生労働省のホームページ



年に2回行われる美容師の国家試験には、「実技試験」と「学科試験」があります。

実技試験

第1課題「カッティング技術」と
第2課題「ワインディング技術」または「オールウエーブセッティング技術」についての試験が行われます。

また、準備時間中に用具類や受験者の衛生面での審査も行われます。


学科試験

1. 関係法規・制度
2. 衛生管理
3. 美容保険
4. 美容の物理化学
5. 美容理論
  の5科目から出題されます。


この実技試験と学科試験の両方に合格すると、美容師免許を申請することができます。

もし、実技・筆記のいずれかが不合格となっても、
次回の試験に限り、不合格となった試験だけを受験することができます。
そして、合格すれば美容師免許を申請することができます。


社団法人 理容師美容師試験研修センターのホームページ