アウトライン
アシンメトリ
頭の中のポイント
アンダーセクション
インナーセニング
イア・トゥ・イア
ウイッグ
ウエイト
ウエットカット
エクステンション
エレベーション
オーバーダイレクション
オーバーセクション
オン・ザ・スキン
オンベース



カットライン
カットの道具
ガイド
グラデーション
クロスチェック
コーナー
ゴールデンポイント
コンケーブ
コンベックス



サイドパート
三角ベース
シェープ
シンメトリ
スクエアカット
ステム
ストロークカット
スライス
スライス線
スライドカット
スリーク
正中線
セイムレイヤー
セクション
セクションカット
セニングシザー
セニングカット
センターパート



ダウンシェープ
ダブルバング
チェックカット
チョップカット
ツーブロック
ディスコネクション
テンション
テンプルポイント
頭頂部
ドライカット



ネープ



パート
ハチ
ハの字スライス
パネル
バング
フェイスライン
ブラントカット
ブロッキング
ヘビーサイド
ヘムライン
ベースカット
ぼんのくぼ



マッシュルーム
みつえり
モヒカンガイド



よこスライス
ワンレングス
 



ライン
リフトアップ
レイヤー
レングス






サイドパート
フロントをセンターパートからずらして分けること。7:3、6:4、8:2などが代表的。


三角ベース
前髪を作るとき、フロントに三角形のセクションをとることが多い。この部分を三角ベースという



シェープ
(1)コームで一定方向にとかすこと。 (2)パネルを引き出すこと。
Cシェープ
髪をカーブさせ、アルファベットの「C」のようにコームでとかすこと。
ダウンシェープ
コームで真下方向にとかすこと。


シンメトリ
左右対称。調和がとれて安定感がある。 ⇔ アシンメトリ


スクエアカット
頭を立方体として見立て、面・板状にカットする。
出来上がったシルエットには、コーナーができる。


ステム
パネルを引き出す角度のこと。アップステム、ダウンステム、ステムを上げる、下げるという使い方をする。


ストロークカット
毛束の裏側からシザーを入れて、えぐるように量感を削るカットの技法。動き、束感を出す。


スライス
カットするために、薄く毛束を分けとること。図のようにいろいろなスライスの取り方がある。



スライス線
スライスをとった分け目の線。


スライドカット
シザーを滑らせるようにしてカットする技法。毛先にいくほど細くなり、軽い繊細な表情が作られる。



スリーク
カールのかかっていない、まっすぐに毛が流れている状態。


正中線
センターラインのこと。額からえり足まで頭を左右対称に分けたときに真ん中を通る線。モヒカンラインと呼ぶことも。



セイムレイヤー
オンベースに引き出し、頭皮と平行にカットすることで同じ長さに切られた段差のこと。
またはそのように切られたスタイル。







セクション
カットするために分けとった頭の部分のこと。
取った部位によって、オーバーセクションアンダーセクションなど呼び名が変わる。


セクションカット
セクションごとに頭を分けて、それぞれを別々にカットしていく技法のこと。
2つに分けるツーセクションカットから、多重に分けるマルチセクションカットまで多様にある。
それぞれのセクションをつなげないことも多い。


セニングシザー
毛を削ぐために使う、刃先がギザグザになったシザー。すきバサミともいう。

写真にマウスをのせる


セニングカット
セニングシザー、または通常のシザーを使い、毛を間引く、または削ぐこと。



センターパート
額からえり足まで、頭を左右対称に分けた線(センターライン)に分け目(パート)をとること。
それぞれのセクションをつなげないことも多い。


ページトップへ