アウトライン
アシンメトリ
頭の中のポイント
アンダーセクション
インナーセニング
イア・トゥ・イア
ウイッグ
ウエイト
ウエットカット
エクステンション
エレベーション
オーバーダイレクション
オーバーセクション
オン・ザ・スキン
オンベース



カットライン
カットの道具
ガイド
グラデーション
クロスチェック
コーナー
ゴールデンポイント
コンケーブ
コンベックス



サイドパート
三角ベース
シェープ
シンメトリ
スクエアカット
ステム
ストロークカット
スライス
スライス線
スライドカット
スリーク
正中線
セイムレイヤー
セクション
セクションカット
セニングシザー
セニングカット
センターパート



ダウンシェープ
ダブルバング
チェックカット
チョップカット
ツーブロック
ディスコネクション
テンション
テンプルポイント
頭頂部
ドライカット



ネープ



パート
ハチ
ハの字スライス
パネル
バング
フェイスライン
ブラントカット
ブロッキング
ヘビーサイド
ヘムライン
ベースカット
ぼんのくぼ



マッシュルーム
みつえり
モヒカンガイド



よこスライス
ワンレングス
 



ライン
リフトアップ
レイヤー
レングス






ダウンシェープ
髪を真下にとかすこと。シェープの項を見る。


チェックカット
髪をいろいろな方向にシェープして、アウトラインの不ぞろいな毛先をカットすること。


チョップカット
パネルに対して縦にはさみを入れて、毛先をギザギザにカットすること。 ⇔ ブラントカット



ツーブロック
髪の長さが異なる2つのブロックでつくられた状態。
または、ヘアスタイルの名称。


ディスコネクション
つなげずにカットすること。おもにセクションカットをする場合にセクションごとにつながらない構造にカットすることをいう。または、そのように切られたスタイルのこと。
動詞で「ディスコネクトする、された」などと表現することもある。


テンション
もとは、張り、張力の意味。カットやパーマでは、毛束を引っ張る強さのこと。
引っ張ることを「テンションをかける」、引っ張らないことを「ノーテンション」という。


テンプルポイント
前髪の生え際の1番飛び出している部分のこと
頭の中のポイントの項を見る


頭頂部
頭のいちばん上の部分。



ドライカット
髪を乾いた状態でカットすること。
一般的にはぬらしてベースをウエットカットしてから、乾かしてディテールをドライカットする、という使われ方が多い。
スライドカットやストロークカットの際に使われることが多い。 ⇔ ウエットカット


ページトップへ