esthe


ご注意!
『ESTHE NET(エステネット)』は、新美容出版株式会社の商標登録です。英文小文字(エステネット)同音の名称でカードシステム等の広告を見かけますが、弊社とは一切関係ありません。よって、今後、カードシステム等の件で何らかのアクシデントが発生した場合には、責任を負えませんのでご了承ください。



Vol.41
2006年11月1日発売
定価540円(本体500円)

人気エステティックサロンを支える
実力派店長たちの魅力

エステティックサロンは、お店を取り仕切る店長の経験値や指導力などが運営の要となっています。実力のある店長は、顧客ニーズを把握し、集客力を高め、的確な判断力でサロンワークを切りまわすことで安定した経営を実現しています。また、人間的な魅力がスタッフのやる気を高めたり、能力を引き出したりもします。今回は人気エステティックサロンの店長にスポットを当て、彼女たちのエステティック観や人間的な魅力を紹介します。




Vol.40
2006年9月1日発売
定価540円(本体500円)

性別を超えて人気を集める
頭皮ケアメニューを探る

最近は、男女ともに頭皮ケアに対する関心が高まっています。美容室では、ヘッドスパやスカルプ・トリートメントなどがヘアトリートメントの延長として導入され、人気です。頭皮のケアメニューは、毛髪のケアという色合いが強いですが、リラクゼーションを提供できるメニューであり、エステティックでも魅力的あるメニューとして導入が可能です。そこで今回は、エステティックサロンにおける頭皮ケアメニューの可能性を探ります。




Vol.39
2006年7月1日発売
定価540円(本体500円)

これから中心客層となる
ミドルエイジ層へのアプローチ

社会の高齢化が進んでいくと、消費者のボリュームゾーンとなる年齢も高くなっていきます。すでにアンチエイジングが美容のキーワードとなってさまざまな商品が開発されたり、エステティックサロンが癒しの空間を演出するのに、中高齢者層を意識した落ち着きのある空間づくりが増加してきています。そこで、40〜60代のミドルエイジ層にどのようなアプローチが有効なのか、積極的にアプローチしているサロンの事例を紹介します。




Vol.38
2006年5月1日発売
定価540円(本体500円)

集客と固定化のための
シーズンメニューとキャンペーン

季節によってお客様の生活スタイルには変化があり、肌状態も変化します。当然それに合わせて、サロンでも各シーズンにおける肌状態とお客様のニーズに合わせた対応が必要です。スキンケアや脱毛などのメニューや店販商品などを季節に合わせてシフトすることで、シーズン・キャンペーンによる新規集客だけでなく、次のシーズンを見越した長期間のケアを提案することで、お客様の固定化を促進することも可能になります。そこで今回は...




Vol.37
2006年3月1日発売
定価540円(本体500円)

本格的ブームとなるか
男性エステティックの最新情報

最近、リラクゼーション主体のスパやアロマテラピーサロンの男性客が急速に増加しつつあります。リフレクソロジーなどのマッサージ系のサロンでは、早い時期から男性客を積極的に取り込んできましたが、一般的なエステティックサロンでも曜日限定やカップル用の個室を用意するなどして、男性客に対応する店が増えてきています。そこで、最近の男性エステティックについて、ニーズの実態とサロンの対応法について紹介します。




Vol.36
2006年1月1日発売
定価540円(本体500円)

注目を集める最新和風テイストサロン

エステティックサロンは、お店の内装やインテリアなどもお客様への重要なアピールポイントになっています。ここ数年は白を基調にしたクリニック風のサロンやアジアのリゾート地をモチーフにしたアプローチが主流でした。その一方で、日本を強く意識した施術とサービスに重きを置いた和テイストのサロンも次第に増えてきています。そこで、和風テイストのサロンの狙いと店づくりのコンセプト、その店ならではの試みなどを紹介します。




Vol.35
2005年11月1日発売
定価540円(本体500円)

こだわりのオリジナルメニューで
強力にサロンをアピールする

たくさんのサロンの中で他店と差別化するためには、お客様の関心を引く魅力が必要です。その魅力のひとつとしてオリジナルメニューがあります。オリジナルメニューは、エステティシャンの得意分野を追究し、知識と経験を活かすことで創り出すことが可能で、それを導入すれば、強い印象とアピール力が発揮できます。そこで、オリジナルメニューでお客様から高い評価を受けているサロンのメニュー開発の考え方とノウハウを紹介します。




Vol.34
2005年9月1日発売
定価540円(本体500円)

一週間の曜日で考える
集客とサロンの運営法

サロンを訪れるお客様の年齢層や職業は、お店の立地やメニューによって異なります。さらに、1週間の曜日や1日の時間帯によっても、来店客数、客層は違います。職種によってサロンに行く時間は変わるだろうし、曜日によってお店に行きやすい日、行きづらい日が出てきます。そこで、曜日や時間による集客のバラツキについてサロンの実態を取材し、集客しづらい曜日や時間帯における集客の工夫やサービスとサロン運営について探ります。




Vol.33
2005年7月1日発売
定価540円(本体500円)

エステティックに対する
最新消費者ニーズを探る

エステティックで最も重要なのは施術の技術力ですが、効果の高い施術、飽きのこないメニューのバリエーション、質の高いサービス、リラックスできる演出の工夫など、お客様がサロンに求めることはたくさんあります。さらにここ数年は、美白やアンチエイジング、アロマテラピー、デイスパなど、次々に新しいキーワードが登場し、サロンの多様化も進んでいます。今号は消費者の意識調査を行い、最新の消費者ニーズを分析、研究します。




Vol.32
2005年5月1日発売
定価540円(本体500円)

サロン経営に生かす人脈つくりのヒント

サロンの集客には、オーナーやエステティシャンが積極的な対外活動を行い、その人脈を通じて来店を誘う方法があります。時間のかかる集客方法ですが、強い信頼関係を築くことができ、サロンの発展を支える有力顧客となります。また、対外活動によって視野が広がり、経営のヒントをつかむ機会も増えます。今号は、エステティシャンの技能やサロンの特徴を生かした対外活動にスポットを当て、その効果や可能性について探ります。




Vol.31
2005年3月1日発売
定価540円(本体500円)

整備が進む業界団体の
エステティシャン養成制度の現状

NPO法人 日本エステティック機構は、2006年4月以降を目途に「エステティックサロン認定」と「エステティシャンの養成制度」を実施する予定です。これに対応するように業界の各団体も新たに独自の資格制度を導入したり、従来から実施している資格制度の充実を図っています。そこで、NPO法人 日本エステティック機構の今後の方針と、各団体が整備を進めている独自のエステティシャン養成制度について紹介していきます。




Vol.30
2005年1月1日発売
定価540円(本体500円)

ユーザーに幸せを運ぶ
エステティックの魅力と役割

エステティックはビューティー産業のひとつであるにも関わらず、技術やサービス内容はサロンによって異なり、アプローチ法は幅広い。それだけにエステティックの価値を提案するサロンやエステティシャンの姿勢こそが、今後の業界を左右するでしょう。サービス業の顔を持つエステティックにおいては、ユーザーの美をサポートすると同時に、心まですこやかにして、ユーザーの「素敵な明日」を提供することが大切です。今号では、業界...


最新一覧へ   2008年-2007年   2006年-2005年   2004年-2003年