esthe


ご注意!
『ESTHE NET(エステネット)』は、新美容出版株式会社の商標登録です。英文小文字(エステネット)同音の名称でカードシステム等の広告を見かけますが、弊社とは一切関係ありません。よって、今後、カードシステム等の件で何らかのアクシデントが発生した場合には、責任を負えませんのでご了承ください。



Vol.60
2010年1月5日発売
定価540円(本体500円)

美容室が取り組んでいる
エステティック導入の成果と将来性

2008年後半から始まった経済不安の影響で消費者の購買意欲が下がり、美容にかける費用も減少しています。しかも、オーバーストア状態にある美容室では、集客、作業効率、客単価アップという課題もあります。その対策のひとつとして、本来美容室があるべきトータルビューティ化を再考し、ヘッドスパやネイル、エステティックなどを導入するケースが目立つようになってきました。そこで今回は、エステティックを導入している美容室にスポットを当て、美容室が取り組むエステティックの成果と将来性について探ります。



※誠に勝手ながら「エステネット」は、60号(2010年1月発行)をもって休刊とさせていただきます。今後は、弊社発行の「Shinbiyo」及び「美容と経営」誌において、エステティック業界の最新情報をお伝えしていく予定です。
2000年3月の創刊以来、10年間にわたりご愛読いただきましたことに深く感謝いたします。

エステネット編集部




Vol.59
2009年11月1日発売
定価540円(本体500円)

お客様の美と健康を支える
男性エステティシャンの可能性を探る

現在のエステティックサロンでは、男性エステティシャンを見かけることがほとんどありません。しかし、今後も男性エステティシャンが女性のお客様に施術することはまったくあり得ないのでしょうか。海外のスパサロンなどでは女性のお客様にも施術を行う男性技術者が少なくありません。一方、日本ではエステティシャンの資格を取得しても、就職先が少なく、現場で活躍する機会もほとんどないのが現状です。そこで、男性エステティシャンの実態を取材し、その現状と将来像を紹介します。




Vol.58
2009年9月1日発売
定価540円(本体500円)

エステティックスクールの今
エステティシャンを目指す学生たち

世界的な経済不況のなか、エステティック業界にも厳しい風が吹いています。しかし、景気に関係なく、サロン経営には優秀な人材を揃えることが欠かせません。そこで、将来のエステティック業界を支える人材を育てているエステティックスクールの現状について焦点を当てます。スクールの特徴や校風、授業の様子に加えて、エステティシャンを目指して毎日勉強に励んでいる学生たちがどんな夢と希望を持ち、どんなエステティシャンになりたいと思っているのかなどを紹介します。




Vol.57
2009年7月1日発売
定価540円(本体500円)

エステティシャンの心・技・体
得意分野でオリジナリティを生み出す

お客様に支持されるサロンにはエステティシャンが得意とする分野があり、それがお店の特長となって生かされていることが少なくありません。それはエステティシャンとしての経験や探究心、発想、努力などは、施術技術を磨くだけでなく、サロン発展のための源となっているからだといえるでしょう。そこで、エステティシャンとしての強いプロ意識を持ちながら、独自の視点でオリジナリティあふれるスタイルを確立したエステティシャンたちをご紹介。その技術と知識、努力の裏側に迫ります。




Vol.56
2009年5月1日発売
定価540円(本体500円)

効果アップでお客様から喜ばれる
マシンメニューの活用法

テクノロジーの進化や技術開発によって、今やマシンは大きな施術効果を発揮することが可能になっています。ハンドトリートメントだけでは得られない即効性のある施術も少なくありません。そこで、お客様から支持されている人気マシンの特長やトリートメント内容、お客様に不満を残さないマシンメニューの組み方などをご紹介。施術効果を優先するお客様のニーズに対応しながら回転率を上げるなど、使い方次第でサロンワークの大きな武器となるマシンの上手な活用法を探ります。




Vol.55
2009年3月1日発売
定価540円(本体500円)

サロンスタッフの
やる気と技能の育て方

サロンスタッフには、入店の年が同じでも、年齢や経験に差があることが少なくありません。美容学校やエステティックスクールを卒業して間もない新人と、会社勤務を経験した転職者とでは、仕事に対する考え方や自分の将来像などにも違いがあります。スタッフがサロンの戦力となるには、やる気を引き出し、接客力と技術力を高め、仕事に対する姿勢や経営センスなど、多くの事柄を身につけなければなりません。そこで今回は、スタッフのやる気と能力を伸ばして実績をあげているサロンを取材し、その取り組みについて紹介します。




Vol.54
2009年1月5日発売
定価540円(本体500円)

新春座談会
お客様から選ばれるエステティックサロンをめざして

エステティックが人々の生活に浸透し、サロン運営の健全化が重要となるとともに、消費者のサロン選別も厳しくなっています。そのため、サロンの個性化だけでなく、サービスの質的向上が重要になっています。そして、お客様から選ばれることを意識した経営戦略が必要となってくるでしょう。そこで今回は、4人のサロンオーナーによる座談会を開催。サロン運営の課題やスタッフ育成をはじめ、お客様から支持されるための工夫や努力など、さまざまな観点から論じていただきます。


最新一覧へ   2007年-2008年   2006年-2005年   2004年-2003年