第1特集
プラス500円~3,000円で定連さんも大満足!
既存のメンズ客の客単価を
ちょっと上げるメニュー・カタログ
美容室のオーバーストアが叫ばれて久しい昨今、業界では男性の美意識の高まりを受けてメンズサロンが登場するなど顧客獲得のターゲットはメンズ客にも広がっているようです。そうした現状を受けて今月号では、既存メンズ客に焦点を当て、客単価を上げるメニューをご紹介します。このご時勢、男性客がオシャレにかけられる予算はごくわずか。今回は、その辺も考慮し、客単価は“ちょっと”上げるがテーマです。ちなみに“ちょっと”の幅は、500円~3,000円。この価格帯で常連さんも大満足のメニューをカタログ的に展開していきます。
○スパ&スキャルプケア
○ハンド&ネイルケア
○フェイシャルケア
○ボディケア
○フットケア
○ポイントパーマ
○眉カット
○ヒゲカット
○番外編 セットメニュー
第2特集
サロンで扱うシャンプーやトリートメントの
「分割販売」という選択肢
シャンプーやトリートメントをサロンで「小分け販売」することは、法律で禁じられています。しかし、売り方を少し工夫することでそれが可能になるとしたらどう思いますか。「分割販売」という方法を用いれば、それが可能。分割販売は、ある条件をクリアすれば量り売りに似た販売ができます。この企画では、その条件や注意点を掘り下げてみます。

CASE1
「プレゼントのつもりで始めたシャンプー&トリートメントが
お客様の声から、分割販売のアイテムに進化していきました」
ancal(東京都文京区)
CASE2
「市販のシャンプーを使っている方にサロン専売品の魅力を伝えたくて
試行錯誤した結果、分割販売に行きつきました」
wall(東京都目黒区)
連載
サロン・マネジメント超入門Q&A
経営ビギナーが押さえておきたい「スタッフのこと」「お金のこと」
New Design for Salon Space
お客様との会話で役に立つ!
インナーケア&スキンケアの注目トピックス
これってアウト?!
サロンが抱える“コンプラ”問題
気になる新製品
NEWS&TOPICS ≪美容春秋≫