特集
基本をかためて自信をつけよう!
パーマの毛髪診断と薬剤知識
世の女性たちのヘアスタイルを見る限り、たしかに「曲線」が求められるようになってきています。少なくとも一時期のようなストレート一辺倒の時代ではありません。それなのにサロンのパーマ比率がそれほど上がらない理由は、日常的にヘアアイロンを使う人が増えていること。そして美容師さん自身があまりパーマを勧めていない…ということのよう。パーマは近年新しい薬液やマシンが登場し、手の内が増えたとも言えますが、逆に情報に振り回されて苦手意識を持ってしまっている人も多いはず。まずは基本に戻り、シンプルなやり方、考え方から始めてみては? 2号連続のパーマ特集、第一弾の9月号では毛髪と薬液の理解について基本から取り上げます。ひとつひとつの作業の意味を把握しながら、パーマの勉強を進めていきましょう!
PART1 知識編
髪の中で起きていることをイメージしよう
座談会「基礎を知ればもっとパーマが得意になる!」
PART2 実験編
薬液の「強い」・「弱い」を知る
サロンのパーマ液分類実験
PART3 実践編
ドライとウエットの変化で見きわめる!
毛髪診断から設計するパーマのケーススタディ
連載
注目の店・人のウリに迫る!
TOMOTOMO PICK UP!
SNSを使い分けてモデルをハント