特集
フォルムをつくるカットの原点を知ろう
ザ・グラデーション
“ニュアンス”が求められる時代性もあり、近年「段差でフォルムをつくる」という概念が薄れています。削ぎで軽くしたベースに、アイロンやスタイリング剤で丸みやボリュームを出す手法が中心になり、本質的な立体感や再現性を求めるお客様のニーズに応えられなくなっているのです。11月号では、カットによるフォルムづくりの可能性を改めて探るため、「グラデーションカット」の技術を徹底特集。スライスの角度やシェープの方向、リフトの角度で髪の重なりがどう変化していくのか? 段差=グラを入れる場所や幅を変えることでフォルムがどう変化するのか? これらの知識を蓄えれば、形づくれるヘアスタイルのバリエーションが広がり、お客様をより魅力的にできるはず。早速、カットの原点を見直しましょう!
PART1 基礎編
段差の仕組みと代表的な切り方が分かる
4つのグラデーション・アイコンスタイル
水谷孝広(ETON CROP)
PART2 実践編
名手ふたりによるカットプロセス全容
“リアルグラデーションスタイル”
有村雅弘(imaii)
山内政人(PEEK-A-BOO)
連載
注目の店・人のウリに迫る!
TOMOTOMO PICK UP!
お客様の心に寄り添う医療用ウイッグへの取り組み
成冨史明(COX)