• 2016年12月号
    動きとフォルムをコントロールする技術 レイヤーカットを使いこなす 段差をつけることでヘアスタイルのフォルムを変化させる、グラデーションカットとレイヤーカット。ざっくり言うと、グラはフォルムの下の方、レイヤーは上の方を削る技法と言えるでしょう。当然両方のテクを使った方が変化はつけられますが、ここ数年のトレンドはグラで作り上げたフォルムが主流。とは言えワンレングスに近い、すそが重めのAラインが多かったことを思えば...
  • 2016年11月号
    フォルムをつくるカットの原点を知ろう ザ・グラデーション “ニュアンス”が求められる時代性もあり、近年「段差でフォルムをつくる」という概念が薄れています。削ぎで軽くしたベースに、アイロンやスタイリング剤で丸みやボリュームを出す手法が中心になり、本質的な立体感や再現性を求めるお客様のニーズに応えられなくなっているのです。11月号では、カットによるフォルムづくりの可能性を改めて探るため、「グラデーションカット」の技術を徹底特集。スライスの角度やシェープの方向、...
  • 2016年10月号
    パーマ成功店の仕事はここが違う “毛先ワンカール”精密プロセス公開 近年、パーマは目覚ましく進歩していますが、必ずしも「新しい薬液やマシンを使わなければ成功しない」わけではありません。むしろ昔ながらの基本的なパーマの技法をないがしろにした結果、失敗につながるケースも多いのです。「パーマを成功させるには、基本的な作業の一つひとつをていねいに確実に行うこと」。CHELSEA柳澤利明さんのこの考え方を元にスタートした10月号の特集では、需要が多い毛先ワンカールスタイルに絞り、カット、ワインディング、1液塗布、水洗、2液塗布というシンプルな流れを追っています。ゴムかけやピン打...
  • 2016年9月号
    基本をかためて自信をつけよう! パーマの毛髪診断と薬剤知識 世の女性たちのヘアスタイルを見る限り、たしかに「曲線」が求められるようになってきています。少なくとも一時期のようなストレート一辺倒の時代ではありません。それなのにサロンのパーマ比率がそれほど上がらない理由は、日常的にヘアアイロンを使う人が増えていること。そして美容師さん自身があまりパーマを勧めていない…ということのよう。パーマは近年新しい薬液やマシンが登場し、手の内が増えたとも言えますが、逆に情報に振り回されて苦手意識を持ってしま...
  • 2016年8月号
    かぶれ・アレルギーを防ぐために
    頭皮につけない カラー剤塗布
    カラー剤塗布のトレーニングでは「ムラなく・スピーディに・お客様に不快感を与えない」という要素がこれまで重視されてきました。頭皮ケアの意識が高まってきた昨今では、これに加えて「頭皮に薬剤をつけない」塗布が求められるようになり、「絶対頭皮にはつけないでね」と注意するお客様も増えています。現在アレルギーに悩んでいる人、かぶれやアレルギー発症のリスクを避けたい人、加齢により頭皮が敏感になってきた人など...
  • 2016年7月号
    なめらかなフォルムが大人に似合う
    ボブのカット&パーマのテクニック
    世代を問わず人気のボブ。かつて10~20代とミドルエイジ以上とでは、ヘアスタイルのデザインが明らかに違いましたが、近年はどの世代もパッと見には同じ。となると、微妙にカスタマイズできるかどうかが、売れる美容師の条件になってきます。特に30代後半以上のお客様に支持される鍵は「大人仕様」のボブがつくれること! 若い世代ならすそ広がりで毛先がツンツンしていても似合いますが、大人のボブにはまとまりのある丸みが欲しい。それには...
  • 2016年6月号
    今どきストパーはここまで知っておきたい!
    2016年ストレートパーマの新ベーシック
    時代によって変遷を重ねてきたストレートパーマ。ここ数年は、新しい還元剤や機器の登場により多様性を見せています。美容師の考え方やこだわりどころによって手法が異なり、新しいアプローチも続々と登場。いずれも髪に負担をかけずにストレートの効果を最大限に引き出したい、という試みに基づいていますが、闇雲に技法だけをまねようとすると、思わぬトラブルを招くことも…。手法だけにとらわれず「なぜその薬剤なのか、その塗布方法なのか」を考えるようにしたいものですね。そこで今号では、薬剤や毛髪の知識...
  • 2016年5月号
    立体的なフォルムをつくれるようになろう
    ショートヘアのグラデーションカット講座
    最近は、長い髪のお客様が多いこともあり、あまりショートをレッスンせずにデビューしてしまう技術者が増えていて、お客様に短く切ってとオーダーされても尻込みしてしまうケースもあるようです。というのも、ショートはデザインのバリエーションが豊富な反面、頭の形などお客様が持つ素材の特徴がハッキリ出てしまうスタイルだからです。つまり、その人の魅力を引き出せるか、欠点がそのまま出てしまうのか、美容師の技術が問われ...
  • 2016年4月号
    クオリティが求められる大人髪の勉強に!
    「50代向けヘアスタイル」トレーニングBOOK
    来店頻度と美容への支出額によって、いまサロンにとって最も大事な顧客層と言われている50代女性。かつての落ち着いた「マダムヘア」ではなく、今や50代が好むトレンドやヘアスタイルのベースは、若い世代とさほど変わりません。しかし、だからといって20~30代向けと同じようにつくればいいという訳ではないのが難しいところ。メリハリのあるフォルム、トップやバックの立体感、視線を上にもっていく毛流れ、まろやかな曲線、素材...
  • 2016年3月号
    BEFORE → AFTERの間にドラマがある
    美容師の仕事は「お客様プロデュース」だ!
    サロンワークはいつも、BEFORE → AFTERの連続。お客様のヘアスタイルを変えて、見送る…というプロセスはみんな同じだけど、再び指名をもらえる人とそうでない人がいるのは、なぜでしょう? お客様が望むのは「自分のことを分かってくれて、魅力的にしてくれる」ことだから、どれだけカタログの髪型に近づけても、お客様の言う通りにしても、本当に似合ってなければ満足には繋がらないんです。そこで3月号では、お客様一人ひとりの...
  • 2016年2月号
    ヘアケアは単発から中長期アプローチへ!
    ツヤ髪育成プログラム
    お客様の来店数が年々降下しているなか、ヘッドスパやトリートメントなどのケアメニューだけはオーダーが増えています。今の時代、ヘアスタイルのデザインよりも素材である髪の美しさを求めている人が多いのかも。でも、素髪のようなツヤは単発のトリートメントで持続させるのは難しく、自宅でのケアとサロンでのケアを積み重ねていく、中長期のケアプログラムでこそ実現するのです。つまり、ツヤ髪は美容師とお客様の二人三脚でつ...
  • 2016年1月号
    次世代ヘアデザイナーたちの熱い挑戦
    TOMOTOMOスターコンテスト2016
    35歳以下の「美容のこれから」を担う美容師が一堂に会し、≪ REAL × EDGY × SHORT ≫なヘアデザインで互いの腕を競い合った「TOMOTOMOスターコンテスト2016」。その結果をいよいよ発表します! 144名の選手の中で、誰の、どのヘアデザインがTOMOTOMOの誌面を大きく飾ったのか…? そして、編集部はそのデザインのどこを評価したのか…? 審査の基準やコンテストの裏側まで大公開するほか、全選手の≪ REAL × EDGY × SHORT ...