CONTENTS
OVERTURE
最適なアンダートーン設定でダメージレスに
質感アップのコンフォート・カラーデザイン
“キレイな色味”と“良い質感”が続くカラーデザインを、1モデル・2デザインでお届け!
川口展弘(DADA CuBiC)
堀 加奈子(Belle)
山田敏弘(Paddle)
PART1
仕組みを知ると工夫が見えてくる
アンダートーンと発色の基本
発色の仕組みから、低アルカリカラーやオキシ濃度の使い分けといった“美容師ならでは”のカラーの工夫を身に付けよう。
堀 加奈子(Belle)
PART2
特徴からアンダートーンコントロールを考える
カラー剤の分類と染まりの比較
色味の濃さや1か月後の残り具合を、大きく4タイプに分けたカラー剤で実験。あなたが使っているカラー剤はどのタイプ?
山田敏弘(Paddle)
PART3
ベースの髪色を活かして狙い通りに染める
希望色ジャストなアンダートーン設計
アンダートーンの明るさや残っている色味に合わせたカラー剤レシピを様々紹介。定番のアッシュ系、ピンク系をマスターしましょう。
川口展弘(DADA CuBiC)
PART4
カラーしやすいベースを作って色持ちアップ
継続来店のためのリアルアプローチ
2か月にわたって施術した、モデル6名、12回のカラーアプローチ。コンディションをキープしながら、カラーしやすいベースを作るコツをお届け。
川口展弘(DADA CuBiC)
堀 加奈子(Belle)
山田敏弘(Paddle)
TOMOTOMO BASIC SERIES
VOL.04
2018年1月15日発売
AB判/120ページ
定価2,700円
●年4回(1月・4月・7月・10月)刊行予定